一般にはカードの上限額がよく使う以上より多く設定しているとユーザーは余裕があると誤解して、必要以上にクレカを使用してしまったりするきらいがあるようです。そのようなクレカへの過度の依存を軽減するように使用できる上限をあらかじめ低レベルにコントロールしておこうということがこれから記す本文の主な考え方です。月の限度額を減らす方法▽クレジットカードの上限額の引き下げとは、月の限度額を上げる手順とともに、とても単純です。クレカの裏側に案内のある専用窓口に電話をし、「月ごとの限度額を減らしたいんですが・・・」ということをセンターの人に向けてお願いするだけです。通常は今現在の限度額に比べ低いのであれば、込み入った調査なしで電話一本で限度額の引き下げが完了します。利用限度額をコントロールしておくのは資産を守ることに繋がっている▲月の利用限度額のコントロールは自分をコントロールできる等の益以外に防犯とも関連があります。もしも、手元のクレジットカードが悪意のある人物に乱用されたような状況でも、事前にカードの月の利用限度額を厳しく押さえておくならリスクを出来るだけ少なくすることができるからです。覚えておいてほしいのは仮にクレジットカードが乱用されてしまった問題が発生してもカード保有者に重大な違反と思えるものがなければ、盗難保険という保険が加入者をフォローしてくれるから過度な心配は必要ないですが1%の可能性のことを頭に入れておき、必要以上の限度額は減らしておくのも手です。必要のない利用限度額は良くないことでしかないのです。