加盟店舗で一切の保有カードが使用可能なのでもない▼クレカ会社の加入店舗は、二つ以上のクレジットカード会社とライセンスを結んでいるんですが、不便ですが全てのショップであらゆるサービスの契約カードが使用可能なのではありません。一例をあげれば旧態然とした商店のときにはJCBロゴの付いているそのカードしか使用不可な場合もあるしこの頃の加盟店舗なんかではビザやMasterCardのマークの入っているもののみしか切れない場合もあります。銀聯なんかのカードの場合増して使用不可な場所が増えると思います。どのロゴのクレジットカードが使えるかいかに判断するといいか?「ならばどのようにしてどのようなカードが使用可能かというのを見分けたらいいか?」といってみても、ちゃんと確かめるのにはそこの方にお見せしてみるしかないというのが残念ながら正しい答えです。ただおおよその商店や料亭には店舗の目につきやすい部分に使用可能なカード会社のロゴが入っている認証マークが付けられている理由から「ああここの店舗はMasterCardが決済できるのね」というふうに一目でわかるようになっているため安心してください。しかし、正確に管理が出来ていない店舗で決済する場合には、シールが貼り付けられているお店でも「当店では××クレジットカードは使えません」みたいな案内をされるなどということもあるわけで、冷や汗をかいてしまう場合だってあるでしょう。やっぱり可能な限り全ての加盟店でクレジットカードが使用できるようにする目的を考えると別の種類の印(国際ロゴ)がある一般的なVISAカード、JCB、アメックス、ライフカード、というようなクレジットカードを2枚以上申し込んでおくようにしたほうがいいでしょう(例えば:UCカードを持っているなら二枚目はアメックス付属のカードを携帯するようにするなど)。特に国内ではVISA、マスターカード、JCBの入っているカードをその都度所持していれば、よほどのことがない限り全国の加盟店舗で3枚のうちどれかのクレカを差し出すことが可能です。クレジットカードを活用して効率よくカードライフを継続していくにはできる限り早めに少なくともこの3枚のクレカを使えるようにしておいていただくようお勧めします。